リクの物販ブログ

全ては物販がはじまりだった・・・

サイズ・重さが同じ商品でも郵便局の送料料金が担当者によって違うという件

   

あれ、値段違うよね・・・?

ちなみに私はかなり大雑把な性格であり、あまり細かいことには気がつかない人ではあります。

ただ、せどりをやっている以上、細かい金額でも量が多くなるとけっこうな金額になってきます。

そう、誰もが信用している郵便局で発送する際に、同じ商品でも値段が違ってくるときがあるのです!!笑

今回の記事については、私の実体験ですので、必ずしもすべての郵便局が当てはまることではないとおもいます。

今回、私が発送した商品が下記サイズの商品です。

サイズ・重さが同じ商品でも郵便局の送料料金が担当者によって違うという件

定形外郵便物

  • 規格内は、長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内および重量1kg以内とします。
規格内
50g以内 120

皆さんも一度は使ったことがあるであろう、定形外郵便物の規格内です。
普通に、1個2個単位で手続きすれば、規定通りの値段であることは間違いないのですが、私の場合は一度に20通とかだしたりします。ほんとに多いときは30通とか。

毎回、こんなに多い枚数をだすと郵便局の人からもちょっと嫌な顔をされ、「こちら全部一緒ですか?」「いえ違います笑」
こうなると、一個一個担当者の方は重さを測る必要があるわけですね。

結果、担当者はもちろん面倒くさい作業になりますよね。まあお金払ってるからお願いしますよ。。。という感じですが。

で、たまに担当者の方が、面倒くさがって、この5つは重さも近いから同じだろう!と140円×5とレジでバシっっと打つわけですね。

ただ、その商品いつも発送しているときは120円なのに。。。

ちなみに私はけっこうチキンなので、あまりそういうことにいちいちいったりしませんが、そのときはあまり気がつかなかったのですが、帰り道によくよく考えるとおかしいよなと思った次第でした。

たった20円の違いですが、1日に10個仮に違うとして、月換算すると200円×30日で約6000円くらい違ってきますからね。

こんな細かいことですが、皆さんも大量に商品を送る際はけっこう気をつけたほうがいいかと思います!

 - 未分類 ,